かわいいサンタおしゃれリース、白黒塗り絵など無料素材

Sponsored Link

日本語?英語?クリスマスカード メッセージの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

クリスマスカードのメッセージ 日本語と英語

海外のクリスマスではクリスマスカードは必須といいますが、
日本ではそんな文化ありませんよね。

クリスマスカードの代わりに年賀状があるといってしまえば
それまでなのですが、
やはりクリスマスはクリスマスなりの楽しみ方をしたいですよね。

日本でもクリスマスカードを送る慣習が少しずつ広がってきている
みたいですが、それでは、クリスマスカードは日本語と英語、
どちらで書くのが良いのでしょうか。

海外から輸入されたものなんだから英語で書いた方が…

日本人なんだから日本語で書いた方が良いのか、
それとも海外から輸入されたものなんだから英語で書いた方が
それっぽい、との意見を尊重するのか。

人それぞれ思うところがあるとは思いますが、
それでは日本語と英語に分けて、クリスマスカードのメッセージを
ご紹介してみましょう。

クリスマスカードの書き方をまとめてみました。

どんなものであれ、
特別な日に誰かから何かを貰うというのは嬉しいものですよね。
というわけで、クリスマスカードの書き方をまとめてみました。

 


Sponsored Link

 

クリスマスカードは年賀状の要素を含んでいる

大前提として知っておきたいのは、
海外で送られているクリスマスカードは新年の挨拶も兼ねているということです。

つまり、クリスマスカードとは、クリスマスのみならず、新年のお祝いも述べる、
つまり年賀状の要素も含んだハイブリッドな贈り物なのです。

送る時期もクリスマスでなければいけないと言う事ではなく、
その辺りに届けばいいやと送る人もいるそうです。

このあたりもなにか年賀状と似たものを感じますね。

 

 

日本語で送るクリスマスカード

俺は日本人なんだ。
クリスマスカードでも日本語を使ってやる、
というかたにオススメです。

「そもそもそんなやつがクリスマスカードを送るな!」
というツッコミはなしですよ。

書き方としてはごく普通です。

 

例えば友達に送る場合、

メリークリスマス!
いつも仲良くしてくれてありがとう。
今年もよろしくね。

サンタクロースの季節がやってきました。
煙突がない我が家にも
サンタクロースは来てくれるのでしょうか。
素晴らしいクリスマスを楽しんでください。

あなた様の上に神様のお恵みがありますように。
来年はあなた様にとって、飛躍の年でありますように。
どうかよいお年をお迎えください。

こんな感じになります。

文字だけですので寂しいですが、
市販されている可愛いメッセージカードにこの文章を記せば、
何か気の利いたことでも言った気になれるかもしれません。

日本語例文

 

 

 

英語で送るクリスマスカード

クリスマスなんだし、やっぱり英語でしょ!

でもなんて書けばいいの…?
なんてあなたに例文をいくつかご紹介したいと思います。

I wish you a Merry Christmas.
(クリスマスおめでとう)

With best wishes for Merry Christmas.
(幸せなクリスマスに願いを込めて)

Laughter and friendship to you all year!
(あなたに変わらぬ笑いと友情を!)

Wishing you a Merry Christmas and a Happy New Year.
(楽しいクリスマスと新年が迎えられますように)

Merry Christmas!
Hope you'll find lots of fun surprises under your tree!
(世界中の聖夜にわくわくするような夢が届きますように)

この他にもたくさんありますが、
代表的なものと少し捻りの利いた文章をご紹介しました。

英語にするだけで、なんだかオシャレな感じになってしまいますよね。
これがさらに筆記体だったりしたらさらにグッドです。

英語例文

 

 

 

クリスマスカード日本語&英語メッセージまとめ

いかがでしたか。
日本にはまだ馴染みの浅いクリスマスカードですが、
友達に送ってみてはいかがでしょうか。

喜びこそすれ、嫌な気持ちになる人はいないと思いますよ。

普段言えないような気持ちを、
英語で誤魔化して送るのも良いかもしれません^^;
これなんて意味、なんて聞かれたら笑顔で「内緒」なんて答えてやりましょう。

贈り物をするときはいつだってワクワクするものです。
それは送り主もそうですし、もらう側も同じです。
ですので、クリスマスカードでもなんでも、
贈り物をするときは精一杯の気持ちを込めましょう。

それは日本語でも英語でも変わりません。
気持ちは文字で伝わるものですが、決して文字だけで伝わるものではありません。
それでは、良いクリスマスを。

関連記事

    • かなまる
    • 2016年 10月 13日

    ここ数年、クリスマスカードを送っています。年末になればなるほど、お正月・おせちの準備やらと忙しくなり、ついつい年賀状がおろそかになってしまう事が多く、早めの年賀状代わりとして活用しています。今年はどんな事を書こうか悩んでいまして、英語の例文があり助かりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事